返済まで考えて借りる

キャッシングサービスを利用して返済する場合、各金融業者では設定してる金利と合計した額の返済方法は、いろいろなスタイルがあります。

 

業者が利用客へ奨めるリボ払いでは、融資を受けた人が一定の金額を毎月返済して行く方式です。これは、融資限度額になるまで、何度でもお金が借りられます。

 

リボ払いの場合、金利と返済する金額を合計したものは、元利定額リボルビング返済方式です。そして、固定返済額が計上されて金利を足して返済する方式が、元金定率リボルビング返済となります。リボルビング返済は、この2種類へ大別されるのです。

 

リボ払いの中には、残高スライド方式のものもあります。前述のリボ払いと同じようにサービスを受けてる人が金額を設定して、返済して行くものです。この返済方式の場合も、融資限度額となるまでは何度でもお金を借りられます。

 

この方式は、更に2種類に分けられるのです。ひとつ目は、融資総額へ応じて返済額を順次変えられる、残高スライド元利定額リボ払いというものとなります。もうひとつが、融資総額次第で返済の定率を変えられる、残高スライド元利定率リボ払いです。

 

どの方式が得だとはいえませんが、金利がどれくらいになるか事前に確かめれば安心して融資を受けられます。

 

返済を考えて消費者金融から借りるなら、5万円以下の借り入れ残高で月々の返済が2,000円となるプロミス来店不要で借りる即日融資です。